先生のオススメの本

【レビュー】『あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック 〜ロン クラーク 著〜 』

今日も本のレビューを。

 

今回はロン クラーク著の

 

あたりまえだけど、とても大切なこと
―子どものためのルールブック

世界的に有名な本で、著者は2001年に「全米最優秀教師賞」を受賞しました。
※アメリカっぽいし、こういう賞が日本にあったら面白い。

 

これは、どこの学校にも1冊はある本で、教師として購入して何度も読み返したい本。

 

個人的な意見としては、これも

教師として読むべき1冊

と言い切れます。

 

「『あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック』
を買うか迷っている」

「どんな内容なのか
簡単に説明してほしい・・・」

 

そんな人は、
是非記事を読んでみてください。

 

概要と簡単な内容やリアルな感想を書いてみました。

『あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック』概要

まずは

『あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック』

について簡単に概要を説明していきます。

 

草思社より出版されている、この本は

 

全254ページで、

 

  • 人間の生き方
  • 他者との関わり方
  • 人生の楽しみ方

 

に関するルールブック集です。

 

著者はアメリカでもっとも人気が高い小学校教諭で、実際に著者が5年生を受け持った時の様子が描かれています。

当時、子どもたちは互いに嫌がらせをして、勉強に全く関心がない状態でしたが、どうしたら子どもたちに

 

「ひとを尊重する心」
「学ぶ意欲」

 

を持つことができるかと考え、試行錯誤した結果生まれた、

 

人としてあたりまえだけど、

とても大切な50のルール

 

 

子どもたちにルールを身につけさせるための涙ぐましい努力や、

子どもたちがみるみる変わっていく様子など、感動的かつユーモアなエピソードが多く収録されています。

 

 

簡単な内容

では内容を軽くご紹介していきます。

とは言っても、内容には触れることなく

全体的な構成と見出しのみの紹介に留めておきます。

 

それでも、ネタバレは嫌だという方は

読み飛ばしていただければと思います。

 

目次

まず目次ですが、

  • 大人の質問には礼儀正しく答えよう
  • 相手の目を見て話そう
  • だれかがすばらしいことをしたら拍手をしよう
  • 人の意見や考え方を尊重しよう
  • 勝っても自慢しない、負けても怒ったりしない
  • だれかに質問されたら、お返しの質問をしよう
  • 口をふさいで咳やくしゃみをしよう
  • 何かをもらったら三秒以内にお礼をいおう
  • もらったプレゼントに文句をいわない
  • 意外な親切でびっくりさせよう

…などなど

こんな感じになっています。

 

この中で著者が最も大事にしているルールや

なぜこのルールが大事なのか?

などが詳しく解説されています。

 

例えば

 


【ルール3】
だれかがすばらしいことをしたら
拍手をしよう

人は、自分の努力が讃えられ、

報われればますます頑張るようになる。

 

お互いに手柄を称えあえる雰囲気を作ることは本当に大切。

30人以上の子どもがいるクラスで、たった一人の教師として全員に目を配り、それぞれが受けるに値する褒め言葉をかけることは、簡単ではない。

でも、子どもたちが絶えずお互いの成果に目を配り、拍手をしてくれるようになると、それはずっと楽に実現できるようになります。

教師に…大人に褒められることは、子どもにとってはどんな時でも嬉しいものです。

 

しかし

 

それ以上に同じクラスの仲間から褒められることは、それよりもさらにインパクトがあるのです。

 

 


【ルール18】
宿題に文句を言わない

人はときには、したくないと思っていても、それをするのが自分の義務だからどちらにせよ、しなければならないということがある。

実際大人になった職場での同僚の顔を思い浮かべてほしい。

他人に命じられたこと・努力が必要なことには、なにごとによらず不平不満をもらさずには、いられない人が多い。

どうせするなら、不満そうな声を出したり、愚痴をこぼしたりせず、積極的な態度で行動してほしい。

 


 

 

と、言うように、ルールにはちゃんと理由があり、その理由は著者のクラーク先生の実体験や人生の教訓から導かれているものばかりです。

もちろん、全てが真似できるようなものばかりではありません。
※日本とアメリカですから、文化がそもそも違います

 

ですが、

どれも全てが

教師として参考になるものばかりです。

 

 

『あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック』感想

この本には題名の通り

 

当たり前なんだけど、すごく大事なこと

 

が書かれています。

 

社会的なルールを教えるにはとても大切なことが多く、教師はもちろんのこと、教師を目指している人や親、人間としての力を上げたい人にすごくオススメできる1冊です。

 

それは

 

「子どものためのルールブック」

 

という題名にはなっていますが、子どもにだけでなく、

「おとな」であるはずの私たちにとっても、当たり前であり大切なことが書かれているからです。

 

この中のどれか1つを意識すればいいという話ではなく、

書かれていることを1つ1つ丁寧に実践していくことで、お互いに気持ちいいコミュニケーションが築けると思います。

そして、それはつまりは、そんな子どもが育まれていくのかなと感じます。

 

 

まとめ

今回の記事では本のレビューということで

 

  • 大まかな概要
  • 内容を簡単に紹介
  • 実際に読んだ感想

 

についてご紹介してみました。

 

題名にある通り確かに「当たり前」のことが書かれています。

 

ですが、当たり前のことを無意識にできるというのは、それだけでとても人として素晴らしいように思います。

 

あなたは…

 

 

・相手の質問には礼儀正しく答えられていますか?

・相手の目を見て話していますか?

・誰かが素晴らしいことをしたら拍手を賞賛していますか?

・他人の意見や考え方を尊重していますか?

・誰かに質問されたら、お返しの質問をしていますか?

・何かをもらったら三秒以内にお礼を言えていますか?

 

こういった「当たり前のこと」を当たり前にできる…

 

そんな人って意外と少なく、だからこそ誠実で魅力があるんだと思います。

 

そんな素敵な一人の人になってもらえるように、教師はもちろん、教師を目指している方にはオススメです。

是非、ご一読ください。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 卒業おめでと。
  2. 【ポイントサイト初心者必見!ポイントサイトの活用で、あなたのLINEを無料で彩る…
  3. 【学校では教えてくれない!子どもの集中力が「ない」から、集中力を「高める」裏技!…
  4. 【保存版】「ポイントサイト」とは? 副業禁止の公務員のポイントサイト利用の裏技公…
  5. 【あなた髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」】

関連記事

  1. 先生のオススメの本

    【レビュー】『人を動かす 〜 D・カーネギー 著〜 』

    今日は本のレビューを。今回はD・カーネギー(デール・カーネギー…

人気記事ランキング

先生の副業関連 人気記事ランキング

おすすめ記事

  1. 先生のマイル攻略

    【2019年8月最新】改変に伴う ハピタスでANAマイルを貯める新ルート 解説!…
  2. さぁ、旅に出よう!

    【暮らすように 旅をしよ。】
  3. 先生のマイル攻略

    【意外と知らない? 楽天ポイントのANAマイルへの交換方法《交換レート:50%》…
  4. 先生からおうちの方へ(保護者の方へ)

    【学校では教えてくれない!子どもの集中力が「ない」から、集中力を「高める」裏技!…
  5. 先生のマイル攻略

    家族に旅行をプレゼント! ANA マイルを家族へプレゼント(譲渡)する方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。