先生のマイル攻略

【ANAマイルを貯めるなら絶対持っておくべき必須のカードはソラチカカード】

どうも。ひろです。

僕は、旅が好きでよくいろいろなところに行きます。その時の移動手段は、電車もあればバス、時には徒歩もありますし、ヒッチハイクをしたこともあります。

そして、時々飛行機にも乗るのですが、実は国内でも海外でも飛行機代はタダで移動しています。

ちなみに、海外への移動なら
ファーストクラスで。
いっぱしの公務員がファーストクラスで…

 

なぜ、タダで海外に行けるのか?

 

 

それは、

 

マイルを効率よく貯めているからです。

今回は、ANAマイルを効率的に貯める方法の一部をこの記事で紹介していきます。

 

 

人によってはマイルって聞くと

 

「飛行機に乗った時に貯めるもの」

 

みたいなイメージがあると思いますが、実際は結構色々な貯め方があります。

 

▼マイルの価値については▼
▼以下の記事で解説しています▼

特にマイルに詳しくない人は、一読の価値はあるかと思いますのでよろしければ是非。

 

今回は、色々あるマイルのため方の中で

 

絶対に持っておくべき
必須のカード

 

について解説していきたいと思います。

 

今回ご紹介するカードがないと、ANAマイルを貯める上では非常に効率が悪くなってしまいます。天と地ほどの差が出てしまうので、是非、参考にしてみてください。

 

ANAマイルを貯める上でカリスマとして君臨するカード

ANAマイルを貯める上で、カリスマとして君臨しているのが

ソラチカカード

と呼ばれるカードです。

ソラチカカードとは、正式には

 

ANA To Me CARD PASMO JCB
(通称:ソラチカカード)

 

と呼ばれるカードのことで、簡単に言えば、ANAカードと東京メトロToMeカードを合わせたクレジットカードという感じです。

 

 

なぜ、このソラチカカードがカリスマとして君臨しているのか。

 

それは

 

ソラチカカードを使ったマイルの変換の破壊力が抜群だからです。

 

ソラチカカードを作ると、専用のサイトにログインできるようになり、メトロポイントというポイントを貯めることができるようになります。

▼専用サイト▼

 

そして、この貯めたメトロポイントをANA交換することが可能で、

還元率は90%
※メトロポイント1ポイント(1円相当)=0.9マイル

 

という非常に高い還元率で交換ができるのです。

他にもたくさんのポイントが、ANAマイルに交換可能ですが、実際に交換しようとした場合の還元率はそれほど高くありません。
(例えば、Tポイントや楽天ポイントのANAマイルへの還元率は50%(1,000ポイント→500マイル)です。)

 

それを考えると、

1ポイント = 0.9マイル

の90%での交換は破格と言えます。

 

 

メトロポイントをどうやって貯めるのか?

<画像>

メトロポイントを90%の還元率でANAマイルに交換することができたとしても、なぜ価値があるのか。

 

「そもそもメトロポイントなんて関係ない…」

「貯めることがない…」

 

そう考える人も多いと思いますが、それでも、なぜ、そこまでメトロポイントが重要なのか。

 

 

それは

 

各種ポイントサイトのポイントを
メトロポイントに交換できるから

 

なんです。

例えば代表的なもので、私もオススメしているのは

LINEポイントです。

LINEポイントはメトロポイントに交換することができます。

この時の還元率は90%です。

 

LINEポイント→メトロポイント(90%)

メトロポイント→ANAマイル(90%)

 

という流れになり、LINEポイントから81%の還元率でANAマイルへ交換することができるということです。

 

それでも

 

「LINEポイントなんて貯めてない…」

「貯まっていない…」

 

という人も多いはず。
ここでもまた1つポイントがあって

 

各種ポイントサイトのポイントは
LINEポイントに交換できる

 

ということです。

つまり

 

各種ポイントサイトで貯めたポイントを、LINEポイントに交換して、そこからメトロポイントに交換して、最終的にANAマイルに交換する。

こういう流れが出来上がるわけです。

 

【ポイントをマイルへ変える流れ】

1. 各種ポイントサイトで得たポイントを一度、LINEポイントへ変換します。
※この変換ではポイントは等価交換で価値は下がらずに交換できます。

 

2. LINEポイントをメトロポイントに変換します。
※ここの交換で、還元率が90%となって交換されます
(300LINEポイント→270メトロポイント)

 

3. メトロポイントをANAマイルに交換します。
※ここの交換でも、還元率90%で交換されます。

 

最終的には、持っているポイントの81%でのANAマイルへの交換になりますが、現時点ではこの方法が最も効率的に高還元でANAマイルへ交換できる方法です。

 

そして、

 

この時に1番大切なのが

 

メトロポイントをANAマイルに交換するための
ソラチカカード

 

というわけです。

 

この辺の内容

  • オススメのポイントサイト活用方法
  • 各種ポイントサイトからの交換方法

については、こちらにまとめてあります▼

【保存版】超簡単にANAマイルを貯める裏技! ポイントタウンのポイントをANAマイルに81%の高還元率で交換する方法

【2018年9月最新情報!】各種ポイントサイトのポイントからANAマイルへの移行ルートの最新版を紹介★

 

 

ソラチカカードをお得に作成する方法

ソラチカカードをお得に作成するオススメの流れは

 

  1. 「マイ友プログラム」への入会
  2. ポイントサイトからのカード申し込み

 

というものです。
この流れであれば、ソラチカカードを作成してボーナスポイントをもらえるのでお得に作成することができます。

 

 

「マイ友プログラム」を利用してプラス500マイル!

ソラチカカードに限らずANAカードは入会すると、誰でも もれなく入会ボーナスマイルが1000マイルもらえます。ですが、「マイ友プログラム」を利用した場合は+500マイルがもらえ、合計1,500マイルを手にすることができます。

【注意】
「マイ友プログラム」にご登録してから「ソラチカカード」をお申し込みください。反対の順番でお申し込みされるとボーナスマイルをもらうことができません。

 

 

1.まず初めにマイ友プログラムへ登録

まずは、+500マイルのボーナスをもらうに、こちらのサイトから「マイ友プログラム」に登録します。

>>マイ友プログラムへの移動はこちら<<

 

移動したら、「登録用ページ」をクリックして、必要事項を記入します。

 

 

2.紹介者情報を入力する

紹介者情報を入力する欄があるので、そちらに下記の情報を入力ください。

そして、申込者情報には、あなた様の「氏名」「生年月日」をご入力ください。

【注意】
必ずこの登録用ページで「紹介者(私)」と「申込者(あなた)」の情報をANAに知らせる必要があります。ANAに知らせないとボーナスマイルを得ることができません。

 

3.ソラチカカードを申し込む

「マイ友プログラム」への入会が終わったら、ポイントサイトへ移ります。

今回利用するポイントサイトは

ECナビ

というサイトです。
そもそも、ソラチカカードをポイントサイトで案件として扱っているサイトが少ない中で、このECサイトは還元率も高くオススメです。

※ソラチカカードがポイントサイト経由で作成できるかは、ポイントサイトの掲載によって変わります。2019年8月時点でECナビから申し込みができましたが、できない場合(掲載されていない場合)もあります。最新の情報を確認ください。

ECナビに登録後、検索窓で

「ソラチカカード」

と検索すると下記のような画面が出てくるので、そちらから申し込んでください。
そうすると、ポイントももらえてお得です。

 

 

【期間限定】さらにたくさんのボーナスマイルがもらえる情報を公開

2018年5月1日より、公式サイトで開催されているキャンペーン(7月31日JCB受付分まで)になります。
※32,500マイルもらえるのは、プレミアムカードを加入した場合になり、ソラチカカードは一般カードなので、もらえる最大マイル数は28,050マイル(メトロポイント経由で交換した場合)になります。

 

<キャンペーン①>

ソラチカカード作成後にMyJチェックに登録すると400Oki Dokiポイントがもらえます。
このOki Dokiポイントは、ANAマイルに交換することができますが、直接ANAマイルに交換すると、1ポイントが3マイルにしかなりません。

そこで、このOki Dokiポイントをメトロポイントに一度交換してからANAマイルに変えることで1ポイントが5メトロポイントに交換することができ、メトロポイントからANAマイルへの交換は、ソラチカカードからのポイント交換を使うことによって90%の還元率で交換ができますので、400Oki Dokiポイントは1,800マイルに交換することができます。

【メトロポイント経由】
400Oki Dokiポイント →  2,000メトロポイント →  1,800マイル

>> MyJチェックの登録はこちらどうぞ  <<

 

<キャンペーン②>

キャンペーンへの参加登録後、対象期間中にカードを利用すると、利用額に応じてOki Dokiポイントのボーナスポイントをもらうことができます。金額が大きいので、直近で何か大きな買い物をされる方はぜひ活用ください。

>> MyJチェックの登録はこちらどうぞ  <<

 

最大で5,500Oki Dokiポイントがもらえますが、仮に最大ポイントをもらえたとして、キャンペーン①同様にメトロポイント経由でマイル交換をすると、24,750マイルに交換することができます。

 

もらえるマイルの合計は?

  • マイ友:500マイル
  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • キャンペーンボーナス①:1,800マイル
  • キャンペーンボーナス②:24,750

合計28,050マイル獲得することができます。

ソラチカ改悪でも、ソラチカを最初に作った方が良い理由

実は・・・2018年1月。悲劇は起こりました。。。

ANAマイル還元率90%を誇っていた、主要ポイントサイトからのANAマイルルートが2018年3月31日で閉鎖されました。

これは、ANAマイルを貯める人にとっては大打撃・大事件でした。。。

ただ、今回の仕様変更は、ポイントサイト→メトロポイントへのポイント移動ができなくなっただけで、メトロポイント→ANAマイルへの移行はこれまで通り90%が継続されます。

それを踏まえ、2018年4月以降の各ポイントサイトからの最良のポイント移行ルートを検証済みです。(記述のLINEポイントルート)

ここまで検証しても、ソラチカカードは作る価値があるカードということです。

特に、メトロポイント→ANAマイルへの移行が90%の還元率というのは、他に類を見ない還元率だからです。

 

 

 

まとめ

  • ソラチカカードはANAマイルを貯める為に作る1枚目のカード
  • ソラチカカードの作成は、「マイ友プログラム」と「ポイントサイト」の活用

ソラチカカードを手に入れて、教師として子どもたちと楽しい日々を過ごし、自然と溜まったポイントやマイルを活用して素敵な旅行を送って頂けたら幸いです。

 

 

支出を増やさず1年間で7万マイル??

陸マイラーという言葉は知っていますか?

飛行機に乗らずに、マイルを貯めてマイルで飛行機に乗る人のことを言います。

 

僕は、陸マイラーで1年間で

 

今までの生活水準を変えず

支出を増やさず

7万マイルを獲得しています。

 

そのため飛行機は、すべてマイルで乗っています。飛行機代は、1円も払っていないです。

 

マイルノウハウに関しては、

メールマガジンでシェアしています。

ひろ無料公式メルマガ登録はこちら

 

 

ピックアップ記事

  1. 【超簡単な3ステップで子どもも変わる!伝え方を工夫してコミュニケーションを円滑に…
  2. 卒業おめでと。
  3. 【ポイントサイト初心者必見!ポイントサイトの活用で、あなたのLINEを無料で彩る…
  4. 【なぜ、僕が絵を描くのか】
  5. 【保存版】「ポイントサイト」とは? 副業禁止の公務員のポイントサイト利用の裏技公…

関連記事

  1. 先生の副業

    【結局マイルってどれだけのマイルで、どんな旅行ができるの?】

    現実的にマイルで行ける場所って??結局のところ、マイルを貯めた…

  2. 先生の副業

    【170万の得!】今までと同じ生活で2ヶ月で41万ポイント(17,000マイル相当)を稼いだ ポイン…

    2018年8月・9月の2ヶ月間で、ポイントサイトを活用して、41万ポイ…

  3. 先生のマイル攻略

    【意外と知らない? 楽天ポイントのANAマイルへの交換方法《交換レート:50%》】

    マイルを貯めるために必要なテクニックの1つに各種ポイントのマイ…

  4. 先生のマイル攻略

    次の主役はTOKYUルート!ソラチカルート廃止の代替えANAマイル獲得ルートはこれ!

    どうも、ひろです。僕は、旅が好きでよくいろいろなところに行…

人気記事ランキング

先生の副業関連 人気記事ランキング

おすすめ記事

  1. 先生の副業

    【意外と知られていない? TポイントのANAマイルへの活用方法《交換レート:5…
  2. 先生の仕事術

    【先生向け】クレーム対応の4つの基本手順(元サラリーマン&カウンセラー直伝)
  3. さぁ、旅に出よう!

    【そうだ。旅に出よう!】
  4. 先生の日常

    卒業おめでと。
  5. 理科

    【理科】子どもが大喜び!ペットボトルを使って、空に浮かぶ雲を自分で作ってみる!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。